稼ぐアーティストになる

アーティストまでもが、世間に流される必要はない

アーティストというと、ミュージシャンのようなイメージが強いけれど、本来アーティストとはミュージシャンだけを指す言葉ではない。

なんだけど、テレビを見ていると
artist=musician だというイメージになっちゃう。
イッツアテレビマジック!笑

ほんと、世の中にはテレビマジックが多い。

うまくなくてもメジャーデビューしてたり
かわいくないのにモデルしてたり
魂に響かない本が売れてたり
色使いに確信のない絵が人気だったり
ときめかない洋服が売れてたり
(もちろんどれにも個人の感覚があるということは前提です)

ようわからんよね。ほんと。
自分の感覚というのが、おかしくなってるからさ。
みな。

だからこそ、アーティストまでもが、それに流されたりごまかされたりしたらいかん。
流されるのなら、テレビやラジオを捨てろ。

アーティストは、どこまでも、自分の感覚や感性を信じ、貫き通す必要がある。

だけど、それをやっていくには、真実を見る目と、それを認め合える仲間、そして、お金などの豊かさがないと生きていけない。

ここからは、アーティストが豊かに生きるために、どんなことをしていけばいいのかについて、ひとつずつ書き記していきたいと思います。

それはまた、私自身への覚悟であり、はじまりを綴るような感覚。